突発性難聴に気をつけよう|原因不明の難病

女性

鼻炎の治療と病院選び

医者

耳鼻科では、アレルギー性鼻炎などの治療をおこなうことができます。季節性アレルギー性鼻炎の患者が増える春先は、耳鼻科への受診者が増加します。新宿で耳鼻科を探すなら、口コミ情報やインターネット検索が役に立ちます。

More...

原因不明の突然の難聴

相談

急な難聴や耳鳴りがしたら

突発性難聴とは、何の前触れもなく突然に難聴になったり耳鳴りがしたりする症状を言います。日本では年間に3万人を超える方が突発性難聴を発症しています。一般的には40歳以上から高齢者に多く発症しますが、最近では若くても発症する事も多く、誰にでも発症するおそれがあります。通常は片耳に発症すると言われている突発性難聴ですが、両耳に発生することも稀にあると言われます。しかし原因は現在では不明であり、はっきりとした原因は解明されていませんが、内耳に通じる一本の血管が何らかの影響を受けていると考えられています。現在、突発性難聴になると考えられる主な原因は次の通りで、ストレスや疲労、偏った食生活、ウイルスなどによる外的要因による考えなどがあります。

治療方法は

病院での診察は問診を初め、鈍音聴力検査・レントゲン検査・平衡機能検査・耳小骨筋検査が行われ、難聴の程度や、めまいの状態などを調べます。そして突発性難聴と診断された場合には、一週間から一ヶ月間はステロイドによる投薬治療、または点滴と組み合わせた治療が行われます。その理由は、原因がウイルスや免疫異常による事が考えられるからです。この間に完治できない場合には入院も必要となり長期にわたる治療が必要になります。しかし、この病気は一ヶ月を超えて治療しても改善されない場合には治療を断念しなくてはなりません。突発性難聴は早目の治療を受ける事が最も大切で、早ければ早いほど完治する確率も高くなるので、症状を自覚した場合には早急に診察を受ける必要があります。

生活が豊かになります

女性

加齢からくる難聴の悩みを改善する補聴器により、自分の生活スタイルの質を向上することができます。技術の進歩により、補聴器は音量だけでなく音の方向性を認識できるようマイクを二つ付けたり、両耳に装用することで指向性を向上させてくれます。

More...

聞こえの悩みありますか

病院

加齢に伴い聴力を補うものに補聴器があります。見た目のコンプレックスを解消させるために最近では色合いや大きさに工夫がされています。また、自分の聴力にあった選び方が大切で、家族など同伴者と共に相談をすると安心できます。

More...